弁護士に相談は有効?ソフトヤミ金の取り立て対処法をご紹介


ソフトヤミ金からの取り立てにつかれて、弁護士に相談しようとしていませんか?

ソフトヤミ金はヤミ金です!

弁護士に相談したところで、本当にどうにかなるものなのでしょうか?

今回は、ソフトヤミ金の取り立てについて、弁護士に相談した場合のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

ソフトヤミ金の取り立てを止めるのに弁護士は有効?

ソフトヤミ金で弁護士活用は有効手段?

結論から言いますと、ソフトヤミ金の取り立てや脅迫があまりにも強い場合は弁護士や警察などに相談する事をおすすめします!

ソフトヤミ金業者の中にも、昔ながらの超武闘派組織も多くあり、そのような業者と取引をしている方は今でも非常に強い取り立てや追い込みを受けているようです。

  • 自宅や職場に来て嫌がらせをする
  • 直接会いに来て脅迫された(暴行された)
  • 殺害予告をされた

このような、傷害や脅迫などを受けた場合は、すぐに弁護士もしくは最寄りの警察へ相談しましょう。

実際に事件が起きた場合はすぐに警察が動いてくれますし、弁護士の方でも緊急性を感じてくれればすぐに何かしらのアドバイスを受けられます。

弁護士介入のメリット・デメリット

では、実際にソフトヤミ金とのトラブルで弁護士を介入させた場合、どのようなメリットがあるか?または、介入させる事でデメリットとなることについてご紹介します。

メリット

  • 取り立てや追い込みがストップする
  • 利息がカットされる可能性

弁護士に相談する事で、脅迫じみた追い込みなどは一時的にストップします。また、利息分の返済がカットされる場合もあるようです。

応じるか応じないかは、各業者によって異なります。

デメリット

  • 弁護士費用がかかる
  • 借入した事実が人に知られてしまう
  • 逆上して更に酷い事をされる可能性

ソフトヤミ金業者とはそもそも法外の業種であり、法で縛られているわけではありません。

なかには、超武闘派の業者などもあるので、そのような業者の場合は逆上し、別の事件につながってしまう事も少なくありません。

ソフトヤミ金の争いに弁護士を入れる場合は注意が必要

ソフトヤミ金の争いに弁護士を入れる場合は注意が必要

ソフトヤミ金業者は、「個人間融資」や「ファクタリング業者」などに比べて、原型だった闇金からそのまま転向した人が多く、経験値も豊富にあります。

弁護士が介入してきた場合、警察が介入してきた場合、司法書士が介入してきた場合などの取り立て方法なども準備しています。

ブラックでどこも借入ができない場合の最後の手段として存在するソフトヤミ金ですが、お互い合意したにも関わらずに、後から約束を変えてくるような利用者には、業者も厳しく当たります。

弁護士や司法書士、警察に相談する際は、個人情報が暴露されたり、ねちねちとしつこく嫌がらせを受けたりなどの危険も十分ありますので、それなりの覚悟が必要です。

ソフトヤミ金との問題を弁護士を使わずに解決する方法

ソフトヤミ金との問題を弁護士を使わずに解決する方法

では、最後に弁護士を使わずにソフトヤミ金とのトラブルを解決する方法についてご紹介します。

ソフトヤミ金を運営している業者も人間です。

どうしても返済ができないと判断した方などは、返済期限の猶予をあげたり、利息の減額なども相談に応じます。

いきなり弁護士から連絡がくるより、本人から今後の返済方法などについてご相談を頂いたほうが、スムーズに解決に向かう事が多いです。

我々も鬼ではありませんので、どうしても返済にお困りの際は、弁護士に相談するのではなく、担当者へ正直に相談してください。